Androidスマホの動作が重くなってきたので対策してみた

メモリの使用量が9割を超えていたAndroid
スポンサーリンク

1年ほど使っているAndroidスマートフォン(Xperia XZ)の動作が重くなり、もたつくようになってしまいました。1年半ほど前のフラグシップモデルで、買ったばかりのころは快適に動作していたので、スペックの問題ではなさそうです。

アプリを開いたり、切り替えたりするのに時間がかかり、頻繁にフリーズするようになって使用に支障がでてきたので、原因を探して対策してみました。

原因として考えられること

ストレージの空き容量不足

スマートフォンの動作が重くなる原因としてストレージの空き容量不足が考えられるので、ストレージの使用量を確認してみました。私のスマートフォンの場合は、ストレージ使用容量が全体の6割ほどで、空き容量は不足しておらず余裕がありました。

メモリの空き容量不足

つぎに、スマートフォンのメモリ(RAM)の使用量を確認してみました。このように、平均メモリ使用量が2.7GBとなっており、9割ほど使用されている状態でした。(Xperia XZのメモリ容量は3GBです。)このことから、私の場合はおそらくメモリ不足が原因だと考えられます。

メモリの使用量が9割を超えていた

キャッシュがたまっている

スマートフォンに一時的に保存されているアプリケーションキャッシュがたまっていました。とくに、Twitterアプリのキャッシュ容量が多かったです。

キャッシュがたまっていた

 

スポンサーリンク

対策してみた

キャッシュを削除する

キャッシュ削除アプリを利用して、アプリケーションキャッシュを削除(クリア)しました。

キャッシュが削除された

使っていないアプリをアンインストールする

インストールされているアプリで使っていないものがあったので、そのアプリをアンインストールしました。

再起動する

9日ほど再起動していなかったので、再起動してみました。

しばらく再起動していなかった

対策した結果

キャッシュの削除、アプリのアンインストールをした直後はあまり変化がありませんでしたが、再起動した後は大幅に動作が改善し、フリーズすることもなくなりました。また、メモリの使用量が少し減少し、余裕が出てきました。スマートフォンを快適に使うためには、1日か2日に一度は再起動したほうがよさそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Androidスマートフォン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
スポンサーリンク
あんらぶぎーく.net
タイトルとURLをコピーしました