AndroidスマホのブラウザでYouTube動画を見る方法

Android
スポンサーリンク

この記事では、AndroidスマートフォンのブラウザでYouTubeの動画を検索して視聴するときに、YouTubeアプリが開かないように設定してブラウザで視聴する方法について紹介しています。

YouTubeアプリが開く理由

Android版のYouTubeアプリでは、ブラウザなどの他のアプリでYouTubeのリンクにアクセスしたときに、自動的にYouTubeアプリが開くように設定されています。

YouTubeアプリでは、以下の4つのリンクが対象になっています。

  • youtu.be(YouTubeの短縮URL)
  • m.youtube.com(YouTubeのスマホ版ページ)
  • youtube.com
  • www.youtube.com

そのため、YouTubeアプリが開かないようにするためには、この設定を変更する必要があります。

 

YouTubeアプリが開かないようにする方法

YouTubeアプリが開かないようにして、ブラウザでYouTubeの動画を再生する方法です。

常にブラウザで視聴したい場合、一時的にブラウザで視聴したい場合の2つについて紹介します。

常にブラウザで視聴したい場合

YouTubeアプリを開き、ナビゲーションバーの右側のマルチタスクボタンをタップします。

一部のスマートフォンでは、マルチタスクボタンが左側にあります。

 

起動しているアプリの一覧画面が表示されるので、左側のYouTubeアプリのアイコンが表示されている部分を長押しします。

 

右側の×ボタンがインフォメーションマークに代わるので、タップします。

 

 

スポンサーリンク

YouTubeアプリの詳細情報が表示されたら、少し下にスクロールします。

 

つぎに、「標準で開く(一部標準を設定)」と書かれている項目をタップします。

 

このような「標準で開く」画面が表示されたら、「リンクを開く」の近くにある「対応リンクを開く(このアプリで開く)」と書かれている項目をタップします。

 

「このアプリで開く」、「毎回確認する」、「このアプリで開かない」の3つが表示されます。

つぎに、それぞれの項目を選択したときの動作について紹介します。

 

 

スポンサーリンク

「このアプリで開く」を選択した場合

この状態でブラウザからYouTubeへのリンクにアクセスすると、ブラウザではなくYouTubeアプリで動画が再生されます。

初期状態では「このアプリで開く」が選択されています。

「毎回確認する」を選択した場合

「毎回確認する」を選択すると、ブラウザなどでYouTubeへのリンクを開こうとしたときに、アプリの選択画面が表示されるようになります。

 

「このアプリで開かない」を選択した場合

「このアプリで開かない」を選択すると、ブラウザなどでYouTubeにアクセスしたときにYouTubeアプリが開かずに、ブラウザで動画が再生されるようになります。

ブラウザでYouTube動画を視聴したい場合は、こちらを選択します。

 

 

スポンサーリンク

一時的にブラウザで視聴したい場合

Google ChromeのシークレットタブでYouTubeのリンクを開くと、YouTubeアプリがデフォルトで開くように設定されていても設定が無視されるため、YouTubeアプリが開かず、Chromeで動画が再生されます。

メニューを開き、「新しいシークレットタブ」をタップすることでシークレットタブを利用することができます。

 

 

Androidスマートフォン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
スポンサーリンク
あんらぶぎーく.net