Xperia XZ Premiumの白ロムを購入しました

Xperia XZ PremiumXperia
スポンサーリンク

いまさらですが、2017年6月に日本で発売されたスマートフォンであるXperia XZ Premium SO-04Jの白ロムを楽天市場で購入しました。価格は税込み53,000円ほどで、送料は無料でした。

昨年から欲しいと思っていたのですが、当時は価格が100,000円ほどだったので購入を見送っていました。しかし、後継機であるXperia XZ2シリーズが発売されて型落ちになったからか、大幅に価格が下がっていたので購入を決めました。

格安SIMを利用しているので、ドコモ版の白ロム(未使用品)にしました。

Xperia XZ Premiumの主なスペック

Xperia XZ Premiumの主なスペックです。4K HDRに対応したディスプレイを搭載しているのが大きな特徴です。

  • CPU:Snapdragon 835
  • ディスプレイ:約5.5インチ
  • ディスプレイ解像度:3840×2160(4K HDR対応)
  • メモリ(RAM):4GB
  • ストレージ(ROM):64GB

開封してみる

Xperia XZ Premiumの外箱

こちらがXperia XZ Premiumの外箱です。中央の「Xperia」ロゴは光を虹色に反射するようになっていて、とてもきれいです。また、「X」が薄く印刷されています。

 

外箱の裏には、リサイクルや無線LANなどに関する情報や注意事項などが書かれています。

 

箱の側面には、商品名と同梱物(付属品)の一覧が書かれています。

 

箱を開けてみる

箱を開けると、本体が出てきます。

 

下のほうには、マニュアルやテレビ視聴用アンテナケーブルなどの付属品が入っていました。SIMフリー版とは異なり、充電器やUSBケーブルは別売りです。

Xperia XZ Premiumの開封 (1)

 

本体を箱から出してみました。未使用品なので、シールも貼られたままでした。

Xperia XZ Premiumの開封 (6)

 

裏には、基本的な使い方や注意事項が書かれているシールが貼ってありました。

また、中央にあるドコモロゴが下のほうにあるXperiaロゴよりもくっきりとしていて、目立ちます。

Xperia XZ Premiumの開封 (7)

 

 

スポンサーリンク

SIMカードの挿入

SIMカードとマイクロSDカードを入れてみました。Xperia XZとは異なり、SIMカードとマイクロSDカードのトレイが2つに分かれていました。

SIMカードのトレイはとても小さいので、SIMカードをはめるのがとても難しかったです。

Xperia XZ PremiumのSIMスロット

 

Android 8.0にアップデートされていた

ケース、ガラスフィルムの装着、初期設定が完了しました。

スペック表にはAndroid 7.1.1が搭載されていると書かれていましたが、すでにAndroid 8.0にアップデートされていました。また、バッテリー残量は40%くらいでした。

ドコモ版なので、ホーム画面でしゃべってコンシェルのキャラクターの羊が動き回っています。

Xperia XZ Premium

 

端末情報画面を表示させてみました。アップデートが2回あり、最終的にセキュリティパッチレベルが2018年5月になりました。

使ってみて気付いたことなどについては、改めて紹介したいと思います。

Xperia XZ Premiumの端末情報

 

タイトルとURLをコピーしました