スポンサーリンク

Xperia XZをAndroid 8.0にアップデートして気付いたこと

Android 8.0のイースターエッグ(タコのようなキャラクター) Xperia

この記事では、Android 7.0からAndroid 8.0にアップデートしたXperia XZをしばらく使ってみて気付いたことについて紹介しています。多くの新機能が追加されており、以前よりも使いやすくなっています。Android 8.0アップデートについては、こちらの記事で紹介しています。

Xperia XZをAndroid 8.0にアップデートしてみた
Xperia XZでAndroid 7.0からAndroid 8.0へのアップデートが利用可能になっていたので、アップデートしてみました。このアップデートでは、多くの機能が追加されており、以前よりも使いやすくなっていました。

 

今回のアップデートでは、公式に発表されたもの以外の変更点もたくさんありましたので、そちらについても紹介しています。

スポンサーリンク

Xperia標準アプリのデザインが革新

設定や時計アプリなど、Xperiaの標準アプリのデザインが大きく変わっていました。

設定アプリ

こちらがアップデートAndroid 7.0のときの設定アプリのスクリーンショットです。

Android 7.0の設定アプリ

 

そしてこちらがAndroid 8.0にアップデートしたあとの設定アプリのスクリーンショットです。Android 8.0では、このように全体的なテーマがグレーからホワイトに変わっていました。

Android 8.0の設定アプリ

 

また、アップデート前のAndroid 7.0では独立していた設定項目である「Wi-Fi」,「データ使用」などが、Android 8.0では「ネットワークとインターネット」の一つに統合されていました。そして、「Bluetooth」や「NFC」などの設定の項目も、同様に「機器接続」の一つにまとめられていました。そのため、設定アプリを開いたときに表示される項目は以前よりも少なくなっています。

時計アプリ

こちらが、Android 7.0の時計アプリのスクリーンショットです。

Android 7.0の時計アプリ

 

そしてこちらが、Android 8.0にアップデートしたあとの時計アプリのスクリーンショットです。このように、白基調から黒基調のデザインに変更されていることがわかります。

Android 8.0の時計アプリ

 

また、デフォルトで表示される時計の種類が、アナログからデジタルに変更されていました。さらに、アラームの詳細設定の出し方など、使い勝手が少し変わっています。

スポンサーリンク

アプリのアイコン

こちらが、Android 8.0でのアプリアイコンです。

Android 7.0のアプリアイコン

 

そしてこちらが、Android 8.0でのアプリアイコンです。Android 8.0では、このように一部のアプリでアイコンが丸くなっています。また、対応していないアプリのアイコンは以前と同じままでした。(Googleからリリースされているアプリは、ほとんどが丸いアイコンに対応していました。)

Android 8.0のアプリアイコン

 

 

つぎは、おもに通知関係の変更点について紹介します。

通知関係

通知パネル

こちらがアップデート前(Android 7.0)の通知パネルです。

Android 7.0の通知パネル

 

そしてこちらは、Android 8.0にアップデートしたあとの通知パネルです。Android 8.0では、上部に表示されているWi-FiやBluetoothなどのクイック設定のショートカットの個数が5個から6個に増えています。また、設定アプリのショートカットが追加され、通知パネルから直接設定を開くことができるようになりました。さらに、日付や電池残量、キャリアの情報などが表示されるようになり、情報量が増えています。

Android 8.0の通知パネル

 

クイック設定パネル

こちらがAndroid 7.0のクイック設定パネルです。

Android 7.0のクイック設定パネル

 

そしてこちらがAndroid 8.0のクイック設定パネルです。Android 8.0では、クイック設定の項目を編集する際のボタンが「編集」からペンのマークに変更されていました。

Android 8.0のクイック設定パネル

 

そして、Wi-FiやBluetoothなどの一部の項目では、下向きの矢印マークが表示され、クイック設定パネル上でそれらの詳細設定を開くことができるようになっていました。

 

通知の色

SpotifyやSoundCloud、Google Play Musicなどの音楽アプリで音楽を再生しているときの通知の色が、アルバムアートの色に連動して変わるようになりました。

音楽再生時に通知の色が変わるようになっている

 

スポンサーリンク

アプリショートカット

こちらのスクリーンショットは、Google Playストアのアイコンを長押ししたときのものです。Android 8.0では、このようにホーム画面でアプリのアイコンを長押しすると、そのアプリの様々な機能を利用することができるショートカットが表示されるようになっています。この機能は、「アプリショートカット」と呼ばれています。

アプリショートカット

また、そのアプリから配信されている通知がある場合は、アプリのアイコンに小さなドット(通知ドット)が表示されます。そして、アイコンを長押しすると、ショートカットの下に通知の内容が表示されます。(この機能は、対応しているアプリのみで利用できます。)

つぎは、ナビゲーションバー関係の変化とXperia独自の新機能について紹介します。

ナビゲーションバー

ナビゲーションバー関係の変更点を紹介しています。

ナビゲーションバーアイコン

Android 8.0では、ナビゲーションバーのアイコン(ホームボタンなど)が大きく変わっています。Googleのスマートフォンである「Pixel」シリーズのものと同じようなデザインになっています。

Android 8.0のナビゲーションバー

 

さらに、ホームボタンを押すと、このようにカラフルな円が広がるようなアニメーションをします。

ホームボタンを押したとき

 

そして、ホームボタンを長押しすると、さらに別のアニメーションをして、Google アシスタントが起動するようになっています。

 

ナビゲーションバーの色

このように、一部のアプリ(Movie CreatorやGoogle Playゲームなど)では、ナビゲーションバーの色が白くなるようになりました。その際、ナビゲーションバーアイコンの色はグレーになります。

ナビゲーションバーの色

 

つぎは、Xperia独自の新機能について紹介します。

スポンサーリンク

Xperiaアクションが追加

新しいモデルのXperiaに搭載されているアシスト機能である「Xperiaアクション」が、Android 8.0にアップデートしたXperia XZでも利用できるようになりました。

Xperiaアクション

 

まとめ

この記事では、Android 8.0にアップデートしたXperia XZでの新機能や変更点を、アップデート前のAndroid 7.0と比較しながら紹介しました。今回のアップデートでは多くの機能追加や改善が行われており、Xperiaが以前よりも使いやすくなったと感じました。