WordPress 4.9.8がリリースされたので更新してみた

WordPress 4.9.8のようこそ画面WordPress
スポンサーリンク

2018年8月2日に、WordPressの新バージョンであるWordPress 4.9.8がリリースされました。

バージョン4.9.8はマイナーアップデートなので、自動更新を有効にしていると、自動的にアップデートされます。

この記事では、WordPress 4.9.8で追加された新機能や、変更点などについて紹介しています。

4.9.8へのアップデートが完了

自動更新機能を有効にしていたので、自動的にインストールが完了していました。

自動更新されると、このようにWordPressからの通知メールが届くようになっています。

WordPress更新完了の通知メール

新機能・変更点について

WordPress 4.9.8での主な新機能や変更点です。

詳しい変更点については、「WordPress.org」でのリリースノートにて確認することができます。

Gutenbergの紹介が表示されるようになった

ダッシュボードに表示される紹介文

WordPressの次期メジャーアップデートの「WordPress 5.0」で採用されることが決定している新エディター、「Gutenberg」に関する紹介文が、ダッシュボードに表示されるようになりました。

「WordPress 5.0」では、Gutenbergがデフォルトで有効になっており、これまでのエディターを利用するには、「Classic Editor plugin」をインストールする必要があると書かれていました。

この説明文は、翻訳を更新すると日本語になります。

WordPressの新エディター「Gutenberg」の紹介画面

WordPressのこれまでのバージョンでも、プラグインをインストールすることでGutenbergを試すことができましたが、WordPress 4.9.8では、より簡単にインストールすることができるようになっています。

Gutenbergをインストールしてみた

Gutenbergプラグインをインストールして試してみました。

「Install Gutenberg」ボタンをクリックすると、Gutenbergプラグインのインストールが開始されます。

Gutenbergプラグインがインストールされる

しばらく待つとインストールが完了します。

そして、「Gutenbergを有効化」ボタンをクリックすると、新エディターが有効になります。

Gutenbergプラグイン

プラグインが有効になると、このようにすぐに新エディター「Gutenberg」を試すことができます。

Gutenbergプラグインが有効になった

スポンサーリンク

プライバシー設定が強化された

2018年5月にリリースされた、WordPress 4.9.6で新たに追加されたプライバシー設定が強化されました。

WordPress.org」によると、WordPress 4.9.8では、プライバシー設定に関する18個の調整がなされています。

不具合が修正された

アップデート後に表示されるようこそ画面では、WordPress 4.9.8では46個のバグが修正されていると表示されていました。

これまでのバージョンのアップデートと比較すると、WordPress 4.9.8では修正されたバグの数が多くなっていました。

WordPress 4.9.8のようこそ画面

WordPressブログ
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
スポンサーリンク
あんらぶぎーく.net
タイトルとURLをコピーしました