【19H1】Windows 10 Insider Previewをビルド18204.1001にアップデートしてみた

Windows Update
スポンサーリンク

Windows 10のInsider Previewにビルド18204.1001へのアップデートが来ていたので、インストールしてみました。

今回のアップデートではInsider Programの種類に応じて2種類のビルドが配信されていますが、変更点や追加された新機能は同一です。

ビルド18204での主な新機能

今回のアップデートでの新機能は、Windows公式ブログで公開されています。

ビルド18204へのアップデートではMicrosoft EdgeやMixed Reality、ゲームバーでの新機能追加や、絵文字の追加がされています。

絵文字

ユニコード11.0に対応したため新たな絵文字が追加され、一部の絵文字のデザインが変更されました。

Windows 10で絵文字を入力する方法です。

Skip aheadを選択しているユーザーは次期バージョンへ

ビルド18204は、Windows Insider Programの設定で「Skip ahead to the next Windows release」を選択しているユーザー向けのアップデートです。

このビルドでは、コードネームが「RS5」から「19H1」に変更されています。

「RS○」という形式は「RS5」で最後になるようです。

一方、「次のバージョンのWindows」を選択している場合は、ビルド17723が配信されます。(こちらのコードネームは「RS5」のままです。)

アップデートをインストールしてみた

ビルド17713からビルド18204にアップデートしてみました。

コードネーム「RS5」から「19H1」になりましたが、バージョンは1803、有効期限は2018年12月15日の2時29分のままでした。

スポンサーリンク

デスクトップのバージョン表記

アップデート後はデスクトップの右下のバージョン表記に「Insider Preview」が追加され、「rs5_prerelease」から「rs_prerelease」に変更されていました。

Insider Programの設定画面

Windows Insider Programの設定で、コンテンツの受け取りを「Skip ahead」に設定している場合に表示される「選んだブランチで利用可能なレベルは1つだけです」の下の表示内容が変更されました。

アップデート前は「Windows デバイスの品質向上のためにいち早く問題を特定したり、提案やアイデアを提供していただけるInsiderの皆様に最適なオプションです。」という詳しい説明文が書かれていました。

しかし、アップデート後は説明文が削除されており、代わりに「Insider Fast Description」と表示されるようになっていました。

また、「配信の最適化」のアイコンが、正方形からノートパソコンのような形のものに変更されていました。

上がアップデート後、下がアップデート前のスクリーンショットです。

タイトルとURLをコピーしました