Windows10のWindows HD Color 設定でHDRを有効にしてみた

好みの画質に調整するWindows
スポンサーリンク

Windows10 Version1809(October 2018 Update)で、ディスプレイ設定に「Windows HD Color 設定」と呼ばれる新たな項目が追加され、HDRビデオを再生することができるようになっていたので、設定してみました。

この記事では、Windows10で「Windows HD Color 設定」を利用してHDR機能を有効にする方法について紹介しています。

「Windows HD Color 設定」を利用するためには、Windows10をバージョン1809にアップデートする必要があります。

HDRを有効にする方法

ディスプレイ設定を開く

Windows10の設定を開き、「システム」をクリックします。

windows10の設定

 

Windows HD Color 設定を開く

ディスプレイ設定が表示されるので、「Windows HD Color」のところにある「Windows HD Color 設定」をクリックします。

 

Windows HD Color設定を開く

HDR機能を有効にする

「Windows HD Color 設定」が表示されたら、「ディスプレイの機能」のところにある「HDR ビデオのストリーミング」のスイッチをクリックして、オンに切り替えます。

パソコンがHDRに対応していない場合は、「HDRビデオのストリーミング」のところが「いいえ」と表示され、オンに切り替えることができません。(Windows10のサポート対象外になっている古いパソコンでは、HDR設定を有効にすることができませんでした。)

 

windowsのHDR設定を有効にする

 

ディスプレイを調整する

HDRビデオのストリーミングを有効にしたら、「このディスプレイをHDRビデオ用に調整する必要があります。」と書かれているところの下にある、「調整の設定の変更」をクリックします。

hdr用にディスプレイを調整する

 

「HDRビデオの調整」設定が表示されます。

ビデオの部分にマウスカーソルを合わせて、右下の矢印をクリックして全画面表示に切り替えます。

hdrビデオを再生する

 

下にあるスライダーをドラッグして、好みの画質に調整します。

調整が完了したら、右下の矢印をクリックして、全画面表示を終了させます。

これで、HDRの設定は完了です。

左右の矢印キーでもスライダーを動かすことができます。

好みの画質に調整する

HDRを有効にした感想

HDRを有効にした状態で、Windowsに内蔵されているプレビュービデオを視聴してみました。

HDRを有効にしていない状態でも十分にきれいですが、有効にすると、鮮やかさが増しているような気がしました。

上がHDRを有効にしている状態、下が無効にしている状態で撮影した写真です。(トリミング以外の加工はしていません。)
HDRを有効にしたとき

HDRを有効にしたとき

HDRを無効にしたとき

HDRを無効にしたとき

Windowsパソコン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
スポンサーリンク
あんらぶぎーく.net