Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム「KB4346783」をインストールしてみた

Windows UpdateWindows
スポンサーリンク

2018年8月30日に、Windows 10 version 1803で発生している不具合の修正のための累積更新プログラムがリリースされ、インストール可能になっていたので、インストールしてみました。

今回リリースされた累積更新プログラムは、「2018-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4346783)」という名称でした。

Windows Update

また、2018年8月はこれまでに品質更新プログラムが「KB4343909」、「KB4343902」、「KB4100347」の3つが配信されていたので、今回の「KB4346783」で4回目でした。

Windows Updateのインストール履歴

今回の累積更新プログラムの内容

Microsoftのサポートサイトでは、今回の累積更新プログラム「KB4346783」は不具合の修正などの品質改善を目的としており、新機能の追加はされていないと書かれていました。

2018年8月31日現在は英語表示のみとなっていますが、しばらく経つと日本語の説明も追加されると思われます。

また、Microsoft Updateカタログにてダウンロードすることのできる「スタンドアロンパッケージ」からもインストールすることができるようになっています。

Windows Updateでのインストールが失敗する場合の対処法

Windows Updateでの更新プログラムの自動インストールが失敗してしまったり、進まなくなってしまった場合は、スタンドアロンパッケージを利用してインストールすると良いと思います。

Microsoft Updateカタログでは、CPU(ARM64、x64、x86)やOSの種類(Windows 10、Windows Server 2016)に応じた以下の4つのスタンドアロンパッケージが公開されているので、Windows Updateで表示されている更新プログラムの名称と同じものをダウンロード、インストールします。

スタンドアロンパッケージの容量は700MBほどとなっています。
  • 2018-08 ARM64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4346783)
  • 2018-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4346783)
  • 2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2016 (1803) の累積更新プログラム (KB4346783)
  • 2018-08 x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4346783)

更新プログラムのインストールが完了

前回の累積更新プログラムと同様に、1分30秒ほどで「KB4346783」のインストールが完了しました。

インストール完了後は、ビルド番号が「17134.228」から「17134.254」に変わっていました。

左がインストール後、右がインストール前のwinverで確認したバージョン情報です。

KB4346783のインストール後のビルド番号

KB4346783のインストール前のビルド番号