【KB4343909】Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラムをインストールしてみた (2018年8月)

Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム(KB4343909)Windows
スポンサーリンク

2018年8月14日に、Windows 10 バージョン1803向けの累積更新プログラム「2018-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4343909)」がリリースされていたので、インストールしてみました。

今回の更新プログラムについて

今回の累積更新プログラム「KB4343909」では、脆弱性の解消や不具合の修正が行われています。OSの新機能は追加されていません。

詳しい変更点については、Microsoft Windowsのサポートサイトで確認することができます。

また、2018年8月15日現在では、日本語での説明はありませんでした。

インストールしてみた

今回は自動的に更新プログラムのダウンロードとインストールの準備が行われて完了していたため、すぐにインストールを開始することができました。

Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム(KB4343909)

 

インストール完了

「今すぐ再起動する」ボタンをクリックしてから1分15秒ほどで更新プログラムのインストールが完了し、デスクトップが表示されました。

ビルド番号が変わった

今回の更新で、ビルド番号が「17134.191」から「17134.228」になりました。

上がインストール後、下がインストール前のバージョン情報のスクリーンショットです。

Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム(KB4343909)のビルド番号

Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム(KB4103721)のビルド番号

 

 

スポンサーリンク

セキュリティ更新プログラムもインストールされていた

また、更新の履歴を確認してみたところ、累積更新プログラムだけでなく、「セキュリティ更新プログラム(Adobe Flash Player 対応) (KB4343902)」も合わせてインストールされていました。

Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム(KB4343909)

 

ストレージの空き容量が少し増加した

さらに、今回の更新プログラムのインストール完了後は、インストールする直前と比較して、ストレージの使用容量がおよそ33MB減少していました。

左がインストール後、右がインストール前のストレージ詳細情報のスクリーンショットです。

タイトルとURLをコピーしました