【KB4505056】Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラムをインストールしてみた!ブラウザ関係の不具合修正が行われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年5月19日に、Windows 10 バージョン1809向けの累積更新プログラムが公開されていたので、インストールしてみました。

更新プログラムは、「2019-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4505056)」という名称でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

累積更新プログラム(KB4505056)について

Microsoftのサポートサイトによると、今回リリースされた累積更新プログラム(KB4505056)では、Internet Explorer 11やMicrosoft Edgeにおいて、HTTP Strict Transport Security (HSTS)に対応していない一部の英国政府のウェブサイト(gov.uk)へのアクセスが妨げられるという不具合の修正が行われています。

HTTP Strict Transport Security (HSTS) は、HTTPSへのアクセスを強制する機能です。

更新プログラムをインストールしてみた

累積更新プログラムをインストールしてみました。

再起動すると、通常通りに更新プログラムの構成が行われました。

インストールの完了後は、OSビルド番号が「17763.503」から「17763.504」に変更されていました。

上が更新プログラムのインストール後、下がインストール前のバージョン情報のスクリーンショットです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windowsパソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
あんらぶぎーくねっと
タイトルとURLをコピーしました