Windows 10 1909(November 2019 Update)にアップデートしてみた

Windows
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Windows 10の新バージョンである「Windows 10 November 2019 Update」(バージョン1909)が利用可能になっていたので、バージョン1903からアップデートしてみました。

この記事では、アップデートの流れと、Windows 10 November 2019 Updateの主な新機能や変更点について紹介します。

アップデートの流れ

Windows Updateで更新プログラムを確認すると、「オプションの更新プログラム」として「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が利用可能になっていました。

これまでのアップデートと比べて、ダウンロードとインストールの所要時間が非常に少なくなっていました。そして、毎月の累積更新プログラムと所要時間はほとんど同じでした。

更新プログラムの確認

「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックすると、もう一度更新プログラムの確認が行われました。

更新プログラムの準備

更新プログラムの確認が完了すると、準備が開始されました。

ダウンロード、インストール処理

ダウンロードはすぐに完了し、インストールが開始されました。

インストール完了後の再起動

少し待つと、再起動を求められました。

「今すぐ再起動する」ボタンをクリックすると、再起動が行われました。

あらかじめ設定していたアクティブ時間外に、自動的に再起動されるという通知が表示されました。

Windows 10 1909へのアップデートが完了

再起動されると、Windows 10 1909(Windows 10 November 2019 Update)へのアップデートが完了しました。

winverコマンドでバージョン情報を確認すると、バージョンが「1909」に、OSビルドが「18363.476」になっていました。

機能更新プログラムなので、OSビルドだけでなくバージョンも変わっています。

一方で、アップデート前のバージョン情報では、バージョンが「1903」でOSビルドが「18362.476」でした。

Windows 10 1909での主な変更点

Windows 10 1909(Windows 10 November 2019 Update)での主な新機能、変更点です。

エクスプローラーのアドレスバー、検索ボックスのデザイン変更

エクスプローラーやコントロールパネルに表示されているアドレスバーと検索ボックスのデザインが変わりました。

以前のバージョンよりも高くなり、見やすくなりました。

タスクバーからの予定追加

タスクバーの時計をクリックしたときに表示されるカレンダーから、予定を追加することができるようになりました。

カレンダーの下に、「イベントまたはリマインダーを追加します」と書かれているテキストボックスが新たに追加されています。

日付を選択して、予定をテキストボックスに入力すると、時間や色、場所などのオプションが表示されます。

「保存」ボタンをクリックすると、カレンダーに予定が追加されます。

予定が追加されました。

そして、 Windowsのカレンダーアプリを確認すると、予定が追加されていることがわかります。

ダウンロードされていないOneDriveファイルの検索

PCにダウンロードされていないOneDriveのファイル(状態が「オンライン時に使用可能」になっているもの)を、Windows エクスプローラーの検索ボックスから検索することができるようになりました。

検索ボックスにファイル名の一部を入力すると、候補が表示されます。

通知設定にイメージ画像が追加

Windowsの設定→「システム」→「通知とアクション」からアクセスすることのできる通知設定の中にある、「送信元ごとの通知の受信設定」(アプリ毎の通知設定)に、画像が追加されました。

このように、通知の種類(通知バナー、アクションセンターでの通知)ごとにイメージ画像が表示され、どのように表示されるのかということが分かりやすくなっています。

スポンサーリンク
Windows パソコン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
あんらぶぎーくねっと
タイトルとURLをコピーしました