Search Consoleの以前のバージョンのレポートが停止されるようです

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージブログ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

運営しているブログやサイトのデータを確認することのできる「Google Search Console」(サーチコンソール)のパフォーマンスレポートを確認していたところ、以前のバージョンの複数のレポートや機能などが2018年12月13日に停止されるとの警告メッセージが表示されました。

この記事では、旧バージョンのGoogle Search Consoleで停止されて利用することができなくなる機能の一覧について紹介しています。

以前のバージョンのレポートが停止されるという警告

警告メッセージが表示される

以前のバージョンのGoogle Search Consoleのレポートにアクセスした際に、以下のような警告メッセージが表示されるようになっていました。

「重要: このレポートはまもなく 新しいパフォーマンス レポート に置き換えられます。新しいレポートを参照するようリンクを更新してください。
Expected shut down date: 2018/12/13」

以前のバージョンのレポートが、新しいレポートに置き換えられるという警告メッセージは以前から表示されていましたが、停止される予定日が「Expected shut down date: 2018/12/13」として追加されました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ

 

ダイアログが表示される

さらに、旧バージョンのレポートにアクセスした際に警告メッセージの書かれたダイアログが表示されるようになりました。

そのため、「×」をクリックしてダイアログを閉じなければレポートを見ることができなくなりました。

ここで「新しいパフォーマンス レポート」リンクや「Use the new report」ボタンをクリックすると、新バージョンのSearch Consoleに移動します。

検索アナリティクスのダイアログ

 

停止される旧バージョンのレポートや機能

確認してみたところ、2018年12月13日以降は以下のレポートや機能が旧バージョンのGoogle Search Consoleでは停止(廃止)され、利用することができなくなることがわかりました。

 

旧バージョンのGoogle Search Consoleの「検索での見え方」タブに表示されている項目です。

リッチカード

Google検索結果での表示を目立たせることのできる機能です。

名称が「リッチリザルト」に変更されました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(リッチカード)

 

Accelerated Mobile Pages

GoogleにインデックスされているAMPページ数を確認することのできる機能です。

新バージョンのSearch Consoleでは名称が「Accelerated Mobile Pages」から「AMP」に変更されていました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(AMP)

 

旧バージョンのGoogle Search Consoleの「検索トラフィック」タブに表示されている項目です。

検索アナリティクス

Google検索での自分のサイトの表示回数、クリック数、平均検索順位などの推移を確認することのできる機能です。

新バージョンのGoogle Search Consoleでは、名称が「検索アナリティクス」から「検索パフォーマンス」に変更されていました。

検索アナリティクスのダイアログ

 

サイトへのリンク、内部リンク

自分のサイトへのリンクを確認することができる機能です。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでは「サイトへのリンク」、「内部リンク」の2つに分かれていましたが、新バージョンでのリンクレポートでは統合され、外部リンクと内部リンクを同時に確認することができるようになっていました。

また、名称が「リンク」に変更されました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(内部リンク)

 

手動による対策

サイトがGoogleからのペナルティーを受けているか確認することができる機能です。

新バージョンのGoogle Search Consoleでは、ペナルティーを受けていない場合のメッセージが「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」から「問題は検出されませんでした」に変更されていました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(手動による対策)

 

モバイル ユーザビリティ

モバイル版サイトでのユーザビリティに問題があるか確認することができる機能です。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでは「モバイル ユーザビリティのエラーは見つかりませんでした」と表示されていましたが、新バージョンではエラーが発生していない(有効な)ページ数とエラーが発生しているページ数を確認することができるようになっていました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(モバイルユーザビリティ)

 

旧バージョンのGoogle Search Consoleの「Google インデックス」タブに表示されている項目です。

インデックス ステータス

Googleにインデックスされているページ数を確認することができる機能です。

新バージョンのGoogle Search Consoleの「インデックス カバレッジ レポート」では、インデックスされているページの件数だけでなく、ページのURLも表示されるようになっていました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(インデックスステータス)

 

 

スポンサーリンク

停止の予定日が書かれていない機能

新バージョンに置き換えられるとの警告メッセージが表示されるものの、停止される予定日が書かれていない機能です。

クロールエラー(サイト エラー)

Googleのクローラーがサイトにアクセスした際に発生した、404エラーなどの件数を確認できる機能です。

新バージョンのGoogle Search Consoleでは「インデックス カバレッジ レポート」に統合されました。

以前のバージョンのGoogle Search Consoleでの警告メッセージ(サイトエラー)

 

新バージョンがあるとの通知が表示される機能

新バージョンのレポートを利用するように書かれているメッセージが表示されますが、以前のバージョンが停止される(利用できなくなる)のかということは明らかにされていない機能です。

サイトマップ

「新しいサイトマップ レポートをご利用ください。」というメッセージが表示されましたが、2018年12月9日現在、停止されるとは書かれていませんでした。

Google Search Consoleでのサイトマップでのメッセージ

 

 

まとめ

この記事では、旧バージョンのGoogle Search Consoleで停止されて利用することができなくなる機能の一覧について、予定日が2018年12月13日と定められているもの、定められていないものの2つに分けて紹介しました。

多くの機能については、停止されるまでの猶予期間が2018年12月9日の時点で4日しか残されていません。

新バージョンのGoogle Search Consoleが登場してからしばらく経っており、旧バージョンと新バージョンのレポートや機能などが混在する状況になっていましたが、2018年12月13日に予定されている停止でようやく解消されそうです。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
あんらぶぎーくねっと
タイトルとURLをコピーしました