格安SIM「mineo」のエントリーパッケージを購入してみた(契約事務手数料が無料になります)

スマートフォン
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

格安SIMの「mineo」(マイネオ)を申し込む際に、契約事務手数料が無料になる「mineoエントリーパッケージ」を購入してみたので、紹介します。

先日購入したau版の白ロムiPhoneをau回線の格安SIM「mineo Aプラン」で運用したいと考えたのですが、多くの格安SIMと同様に事務手数料が3000円ほどかかるので、契約するか迷っていました。

しかし、初期費用について調べてみたところ、mineoのエントリーパッケージを購入し、そこに書かれているエントリーコードを使用してWebから申し込むことで、契約事務手数料が無料になることがわかったので、エントリーパッケージを購入してみました。

「mineoエントリーパッケージ」とは?

「mineoエントリーパッケージ」とは、mineoに申し込む際にかかる契約事務手数料(通常は税抜き3000円)が、Webから申し込んだ場合に無料になるエントリーコードが書かれている紙が入っているパッケージです。

mineoエントリーパッケージは377円で購入できる(Amazonの場合、2019年9月現在)ので、実質的に2600円ほど安くmineoに申し込むことができるようになっています。

なお、エントリーコードを入力してmineoに申し込んだ場合にも「SIMカード発行料」が請求されるので、初期費用は無料になりません。

Amazon.co.jp: 契約事務手数料3000円が無料になるmineoエントリーパッケージ docomo/au/SoftBankの3回線が選べる格安SIMカード: Amazon.co.jpホーム
Amazon.co.jp: 契約事務手数料3000円が無料になるmineoエントリーパッケージ docomo/au/SoftBankの3回線が選べる格安SIMカード: Amazon.co.jpホーム

mineoエントリーパッケージを開封してみた

mineoエントリーパッケージを開封して、エントリーコードを確認してみました。

mineoのエントリーコードが書かれている冊子は、透明のビニール袋に入っていました。

裏側には、エントリーパッケージの注意事項が書かれていました。

また、こちら側から袋を開けることができるようになっています。

外側の袋を開封すると、「OPENED」という文字が現れました。

一度開封してから戻しても、開封した痕跡が残るようになっています。

スポンサーリンク

冊子を袋から取り出してみました。

エントリーコードを確認してみた

冊子を開くと、エントリーコードが書かれている部分が出てきます。

エントリーコードは、下の方のスペースに印刷されていました。

このエントリーコードを、mineoをWebから申し込む際に入力すると、事務手数料が無料になります。

また、エントリーコードの下には、バーコードが印刷されていました。

エントリーコードが印刷されている冊子をさらに開いてみました。

冊子には、mineoの申し込みに必要なものや、エントリーコードを使用した申し込みの流れなどについての説明が書かれていました。

まとめ

この記事では、mineoの契約事務手数料を無料にすることのできる「mineoエントリーパッケージ」について紹介しました。

初期費用を大幅に安くすることができたので、mineoに申し込む前にエントリーパッケージについて知ることができてよかったと感じました。

エントリーコードを使用してmineoに申し込む流れについては、今後の記事で紹介します。

スポンサーリンク
スマートフォン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
あんらぶぎーくねっと
タイトルとURLをコピーしました