Microsoft Officeの新UIデザインをためしてみた

Microsoft Officeの新デザインMicrosoft Office
スポンサーリンク

Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointのトップ画面のUIデザイン(ユーザーインターフェース)が新しくなっていたので、さっそくためしてみました。この記事では、ExcelのUIデザインを紹介しています。

新デザインになっていたMicrosoft Officeのバージョンは1808で、ビルド番号は10702.20003です。Office Insiderに登録すると、このバージョンにアップデートすることができます。

Microsoft Officeの新デザイン

以前のUIデザインとの比較

こちらが新UIデザインのMicrosoft Officeのトップ画面です。新UIデザインでは、「ホーム」、「新規」、「開く」という3つの項目にタブのように分かれています。また、「おはようございます」と挨拶文が表示されているのが印象的です。

さらに、「最近使ったアイテム」と「固定」が2つに分かれて表示されるようになっており、見やすくなっています。

Microsoft Officeの新デザイン

 

こちらが、これまでのUIデザインです。最近使ったファイルは左側に、テンプレートの一覧は右側に表示されるようになっています。

 

Microsoft Officeの新デザイン

 

新UIデザインの「新規」タブでは、テンプレートを選択することができるようになっています。テンプレート選択画面は以前のUIデザインと比較して、ほとんど変わっていませんでした。

Microsoft Officeの新デザイン

 

「開く」タブも、以前のUIデザインとほとんど同一でした。

Microsoft Officeの新デザイン

 

スポンサーリンク

 

こちらは、ファイル情報画面です。新UIデザインでは、この画面からもトップ画面に戻ることができるようになっています。

ファイルを開いている状態で、リボンの「ファイル」タブをクリックしたときに表示されます。

Microsoft Officeの新デザイン

新UIデザインについて

この記事で紹介した新デザイン(ユーザーインターフェース)は、Word、Excel、Powerpointで利用可能となっていますが、PublisherやAccess、Outlookなどは以前のデザインのままでした。

また、トップ画面以外のUIデザイン(リボンなど)は変化していませんでした。

Microsoft Officeの新デザイン

タイトルとURLをコピーしました