iPhone XRの新古品白ロム(au版、ホワイト、64GB)を開封してみた

iPhone
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

先日購入したiPhone XRのau版の白ロムが届いたので、開封してみました。この記事では、開封の様子について紹介しています。

iPhoneを使ってみたいと考え、iPhone 8などの他のモデルも検討しましたが、長く使いたいので新しいモデルが良いと思い、最終的にiPhone XRを選びました。

今回購入したiPhone XRについて

今回購入したiPhone XRはカラーがホワイト、ストレージ容量が64GBのau版です。 完全な新品ではなく、動作確認が行われている新古品です。

au回線の格安SIMで運用する予定で、SIMフリーモデルよりも価格が安かったので、SIMロックが解除されていないau版の白ロムを選びました。

価格を比較したなかで一番安かった「パンダモバイル」というオンラインショップで購入しました。

ネットワーク利用制限が三角ですが、ネットワーク利用制限の永久保証がついていたので、問題ないと判断しました。

商品詳細ページに掲載されていたIMEIから、ネットワーク利用制限が三角であることがわかります。

ネットワーク利用制限の確認

外箱を取り出してみた

無地の段ボール箱を開けると、iPhone XRの箱と緩衝材が入っていました。

段ボール箱を開けてみた

iPhone XRの箱を取り出してみました。

箱はプチプチシートに包まれていました。

iPhone XRの外箱

スポンサーリンク

iPhone XRの外箱の外観

箱には傷などはなく、非常にきれいな状態でした。

また、Androidスマホの白ロムとは異なり、キャリアのロゴが一切印刷されていないのが印象的でした。

そして、箱にはiPhone XRの原寸大の画像が印刷されていました。

さらに、iPhone XRの画像の部分は、少し出っ張っていました。

iPhone XRの外箱(表側)

外箱の裏側にはシールが2つ貼られていました。

上のシールには内容物(付属品)の一覧や使用条件、iPhone XRのストレージ容量(64GB)が書かれていました。

そして下に貼られていたシールにはシリアルナンバー、IMEIなどの固有の情報やモデル番号(A2106)が書かれていました。

また、シリアルナンバーやIMEIの下にはバーコードが印刷されていました。

このバーコードをQRコードリーダーアプリで読み取ってみたところ、シリアルナンバーやIMEIが読み取られました。

iPhone XRの外箱(裏側)

外箱の左側面には、銀色で「iPhone」と印字されていました。

iPhone XRの外箱(左側面)

右側面も同様に「iPhone」と印字されていました。

iPhone XRの外箱(右側面)

側面の上下側には、Appleのロゴが銀色で印刷されていました。

iPhone XRの外箱(下側の側面)
iPhone XRの外箱(上側の側面)

Android スマホの白ロムとは異なり、キャリアのロゴや表記が一切なかったので、外箱からはau版であることの見分けがつきませんでした。

スポンサーリンク

iPhone XRを開封してみた

iPhone XRの外箱を開封してみました。

外箱を上に持ち上げると、「Designed by Apple in California」と書かれた薄い紙箱が見えました。

iPhone XRの外箱を開けてみた

その下には、iPhone XRの本体が収められていました。

iPhone XRの本体が出てきた

iPhone XRの本体の下には、イヤホン、アダプターなどの付属品がありました。

イヤホンやアダプターが入っていた

Lightningケーブルはイヤホンの下に収められていました。

イヤホンの下にLightningケーブルが入っていた

箱に入っていたものを並べてみました。

iPhone XR本体、イヤホン、Lightningケーブル、アダプター(充電器)、説明書などがありました。

アダプターは、クッキングシートのようなもので包まれていました。

iPhone XRの付属品

つぎに、「Designed by Apple in California」と書かれている箱の中身を確認してみました。

マニュアル類が入っている箱

iPhoneの基本操作がイラストで説明されている冊子、SIMピン、注意事項の書かれた紙、Appleロゴのステッカーが入っていました。

説明書やステッカーも含めて、折れなどがなく、非常に良い状態でした。

マニュアル、ステッカー、SIMピンなどの付属品

スポンサーリンク

iPhone XR本体の外観

つぎに、iPhone XR本体を見ていきます。本体の保護シールは貼られたままで、きれいな状態でした。

角が丸いデザインで、表面(画面側)のベゼルは黒になっています。

画面サイズは6.1インチですが、思っていたよりもコンパクトでした。

iPhone XRの本体(画面側)

裏側は銀色のAppleロゴがありました。そして、型番の表記やキャリアのロゴがないシンプルなデザインでした。

また、背面はガラス素材になっているので、とても透明感があります。

横から見ると、カメラの部分が数ミリ飛び出ていますが、ケースを付けて使う予定なので、あまり気になりませんでした。

iPhone XRの本体(背面)

側面の素材はシルバーのアルミニウムとなっています。

画面下側の側面にはスピーカーとLightning端子が配置されていました。

iPhone XRの側面(画面下側)

左側面には電源ボタンとマナーモードスイッチがありました。

そして、アンテナラインが左右それぞれの端の方に2つありました。

iPhone XRの本体(画面左側)
※写り込みがあったため、画像を加工しています。

右側面にはサイドボタン(電源ボタン)とSIMカードスロットがありました。

また、アンテナラインについては左側面と同様に2つありました。

iPhone XRの側面(画面右側)
※写り込みがあったため、画像を加工しています。

画面上側の側面には、何も配置されていませんでした。

iPhone XRの側面(画面上側)

スポンサーリンク

iPhone XRの電源を入れてみた

サイドボタンを長押しして、iPhone XRの電源を入れてみました。

ボタンを数秒間押していると電源が入り、Appleのロゴが表示されました。

iPhone XRの電源を入れてみた

30秒ほど経過すると、「Hello」と表示されました。

本体に合わせて、液晶ディスプレイも角が丸くなっています。

また、上下のベゼルが細くなっているので、画面の大きさの割にコンパクトです。

iPhone XRが起動した

少し時間が経つと、「こんにちは」と表示されました。

また、バッテリーは半分以上充電されている状態でした。

初期設定の画面が表示された

まとめ

この記事では、iPhone XRのau版白ロムの開封の様子について紹介しました。

これまではAndroidスマホの白ロムを使っており、iPhoneを購入したのは初めてだったので、キャリアのロゴが一切書かれていないシンプルなデザインが新鮮でした。

また、イヤホンや充電器などの付属品が充実していると感じました。

そして、今回購入したのは新古品の白ロムなので開封、動作確認が行われているものですが、そう思えないほど状態が良かったので、購入して良かったと思いました。

タイトルとURLをコピーしました