Office InsiderをWindows 10にインストールする方法(Office展開ツールを使用)

Officeのライセンス契約に同意するMicrosoft Office
Officeのライセンス契約に同意する
スポンサーリンク

Microsoft Officeの新バージョンをいち早く使うことのできる「Office Insider」をWindows 10にインストールしてみたので、その際の手順について紹介します。

Office Insiderとは

Office Insiderとは、Microsoft Officeの新バージョンを一般ユーザーよりも早くインストールすることのできるプログラムです。(ベータ版のようなものです。)

不具合が発生するリスクが高くなる一方で、新機能をいち早く試すことができるというメリットがあります。

希望するユーザーがいち早く新機能を試すことができるという点では、Windows 10 Insider Previewと似ています。

個人向けのMicrosoft OfficeでOffice Insiderを利用する方法

Microsoft Officeのヘルプページによると、「Office 2019」や「Office 365 Solo」などの個人向け(一般家庭向け)のMicrosoft Officeを利用している場合は、WordやExcelなどのOfficeアプリの設定や、Office 365アカウントページなどから「Office Insider」を利用することができるようになっています。

企業、教育機関向けのOffice 365でOffice Insiderを利用する方法

その一方で、「Office 365 ProPlus」などの企業(法人)向けや教育機関(学校)向けのOffice 365を利用している場合は、Officeアプリの設定やアカウントページから「Office Insider」を利用することができません。

Microsoft Officeのサポートページによると、通常は企業のOffice 365アカウントの管理者が「Office 365 管理センター」からOffice Insiderに関する設定を行う必要があります。

しかし、「Office展開ツール」と呼ばれるインストーラーを利用することで、管理者ではない一般のユーザーもOffice Insiderを利用することができます。

私の場合は、大学から提供されているOffice 365アカウント(Office 365 ProPlus)を利用していたため、Office展開ツールを利用して、手動でOffice Insiderのインストールを行いました。

これから、その際の流れについて紹介します。

スポンサーリンク

Office Insiderのインストールの準備を行う

Office Insiderを、Office展開ツールを利用してインストールする際に必要となる準備です。

Office展開ツールをダウンロードする

「Office 2016 展開ツール」をMicrosoftのダウンロードセンターからダウンロードします。

ダウンロードセンターにアクセスして、「Download」ボタンをクリックすると、展開ツールのEXEファイルがダウンロードされます。

Office展開ツールの言語は、English(英語)になっており、変更することができません。

Office Deployment Toolをダウンロードする
Office Deployment Toolをダウンロードする

ダウンロードされたファイルは、「officedeploymenttool_11107-33602.exe」という名称でした。(Office展開ツールのバージョンによっては、名称が異なる場合があります。)

Office展開ツールを実行する

ダウンロードしたEXEファイル(実行ファイル)を、Windowsエクスプローラーなどからダブルクリックして実行します。

Windowsの設定によっては、「ユーザーアカウント制御」画面が表示されることがあります。その場合は、「はい」ボタンをクリックします。

ライセンスに同意する

「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス」(英語)が表示されるので内容を確認します。

同意できるならば「Click here to accept the Microsoft Software License Terms.」の隣にあるチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。

チェックボックスにチェックを入れると、「Continue」ボタン
のグレーアウトが解除されるので、クリックします。

ライセンスに同意しない場合は、Office展開ツールを利用することができません。

Office展開ツールのライセンスを確認する

展開されたファイルの保存先を選択する

Office展開ツールで展開されたファイルの保存場所を選択します。

保存場所の選択が完了したら、「OK」ボタンをクリックします。

「新しいフォルダーの作成」ボタンをクリックすると、選択されている場所にフォルダーが作成されます。

Office展開ツールで展開されたファイルの保存先を選択する
Office展開ツールで展開されたファイルの保存先を選択する

ファイルの展開が完了した

1秒ほどでファイルの展開が完了し、「Files extracted successfully.」というダイアログが表示されます。

「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

Office展開ツールのファイルの展開が完了した
Office展開ツールのファイルの展開が完了した

展開されたファイルを確認する

先ほど指定したフォルダーに、以下のファイルが展開されました。

  • configuration-Office365-x64.xml
  • configuration-Office365-x86.xml
  • configuration-Office2019Enterprise.xml
  • setup.exe

3つの構成ファイル(.xml)と1つの実行ファイル(.exe)の合計4つのファイルがあります。

次の手順では、構成ファイルに書かれているインストールオプションを編集します。

構成ファイルを編集する

テキストエディター(Windowsのメモ帳やVisual Studio Codeなど)で構成ファイル(64bit版をインストールする場合は「configuration-Office365-x64.xml」を、32bit版をインストールする場合は、「configuration-Office365-x86.xml」)を開き、以下のように編集します。

ここでは、言語を日本語(ja-jp)に、Office Insiderの種類を「Insider Fast」に変更しています。

また、フローチャート作成ソフトである「Microsoft Visio Professional」はインストールしないので、「Product ID=”VisioProRetail”」の部分は削除しています。

<Configuration> <Add OfficeClientEdition="64" Channel="InsiderFast">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>

</Configuration>

不要な構成ファイルを削除する

先ほど編集したもの以外の構成ファイルは不要であるため、削除しておきます。

64bit版をインストールする場合は 「configuration-Office365-x86.xml」と「configuration-Office2019Enterprise.xml」を、32bit版をインストールする場合は「configuration-Office365-x64.xml」と「configuration-Office2019Enterprise.xml」の2つの構成ファイルを削除します。

構成ファイルの名前を変更する

Windowsエクスプローラーで構成ファイルを右クリックし、コンテキストメニューの「名前の変更」を選択してファイル名を「configuration.xml」に変更します。

Officeの構成ファイルの編集が完了した
Officeの構成ファイルの編集が完了した

スポンサーリンク

Office Insiderのインストールを実行する

インストールのための準備が完了したので、インストールを実行します。

Office Insiderのインストールは、セットアップウィザードではなく、コマンドプロンプトでコマンドを実行することで行います。

コマンドプロンプトを管理者として実行する

Windows 10のタスクバーに表示されている検索ボックスや検索ボタンをクリックし、「cmd」と入力します。

検索結果として「コマンド プロンプト」が表示されるので、「管理者として実行」という項目をクリックします。(Windows 10の以前のバージョンの場合は、右クリックする必要があります。)

「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックします。

Windows10でコマンドプロンプトを管理者として実行する
Windows10でコマンドプロンプトを管理者として実行する

Office構成ファイルの保存場所のアドレスをコピーする

Windowsエクスプローラーで、先ほど編集したOffice構成ファイルの保存場所のフォルダーを開き、アドレスバーを右クリックします。

コンテキストメニューが表示されるので、「アドレスのコピー」という項目をクリックします。

Office構成ファイルの保存場所のアドレスをコピーする
Office構成ファイルの保存場所のアドレスをコピーする

コマンドプロンプトで構成ファイルの保存場所に移動する

先ほど管理者として開いたコマンドプロンプトで「cd (コピーした構成ファイルの保存場所のアドレスを貼り付ける)」と入力し、エンターキーを押します。

コマンドの例:

cd C:\Users\anlovegeek\Desktop\Office展開ツール

コマンドプロンプトで構成ファイルの保存場所に移動する
コマンドプロンプトで構成ファイルの保存場所に移動する

インストールを実行する

Office Insiderのインストールを実行していきます。その際にファイルのダウンロードが行われるため、時間がかかります。

コマンドプロンプトで「Setup.exe /configure configuration.xml」と入力し、エンターキーを押します。

「Officeをダウンロードする間、オンラインのままお待ちください」と表示され、インストールが開始されました。

インストールが完了するまでは、コマンドプロンプトを閉じないようにする必要があります。

Office Insiderのインストールが開始された
Office Insiderのインストールが開始された

タスクバーの隠れているインジケーターを表示し、オレンジ色のOfficeアイコンをクリックすると、Office Insiderのインストールの進捗状況をパーセント表示で確認することができます。

Officeインストールの進捗状況の確認
Officeインストールの進捗状況の確認

Office Insiderのインストールが完了した

Office Insiderのインストールが完了すると、「すべて完了です。Officeはインストールされました」と表示されます。

私の環境では、Office Insiderのインストールの所要時間は17分ほどでした。

次に、Office 365アカウントにログインして、Microsoft Officeのライセンス認証を行います。

Office Insiderのインストールが完了した
Office Insiderのインストールが完了した

スタートメニューを確認すると、Officeアプリが追加されていることがわかります。

スタートメニューにOfficeアプリが追加された
スタートメニューにOfficeアプリが追加された

スポンサーリンク

Office 365のライセンス認証を行う

Word、ExcelなどのOfficeアプリを開くと、「アカウントを確認してください」と表示されます。

表示されているアカウントがOffice 365のアカウントである場合は「次へ」ボタンをクリックすると、ライセンス認証が完了します。(サインインは必要ありません。)

一方で、Office365のアカウントではない場合は、サインインする必要があるので、「別のアカウントを使用する」という項目をクリックします。

Office 365アカウントを確認する
Office 365アカウントを確認する

「サインインしてOfficeを設定する」画面が表示されたら、「サインイン」ボタンをクリックします。

Officeにサインインする
Officeにサインインする

Officeにサインインする

「Office ライセンス認証」画面が表示されたら、アカウント情報を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

Officeにサインインするアカウントを入力する
Officeにサインインするアカウントを入力する

「パスワードを入力」画面が表示されたら、Officeアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」ボタンをクリックします。

Officeアカウントのパスワードを入力する
Officeアカウントのパスワードを入力する

サインインが完了したら、「準備が完了しました!」と表示されるので、「完了」ボタンをクリックします。

Officeアカウントへのログインが完了した
Officeアカウントへのログインが完了した

Officeのライセンス契約に同意する

「ライセンス契約に同意します」と表示されたら、「同意する」ボタンをクリックします。

同意するとOfficeアプリを利用することができるようになります。

Officeのライセンス契約に同意する
Officeのライセンス契約に同意する

ライセンス認証に失敗した場合

アカウントの確認画面でOffice 365のアカウントが選択されていない状態で「次へ」ボタンをクリックすると、「Officeのライセンス認証を行うことができませんでした」と表示されます。

その場合は、「別のアカウントを試す」ボタンをクリックして、Office 365アカウントにログインします。

Officeのライセンス認証ができないとの通知
Officeのライセンス認証ができないとの通知

Office Insiderのバージョン情報を確認する

最後に、Office Insiderが正常にインストールされているか確認するために、バージョン情報画面を表示させてみました。

このように、バージョンの下に「Office Insider」と表示されていたので、正常にインストールされていることがわかりました。

リボンメニューの「ファイル」タブをクリックして開き、「アカウント」という項目をクリックすると、Microsoft Officeのバージョン情報を確認することができます。

Office Insiderのバージョン情報
Office Insiderのバージョン情報
タイトルとURLをコピーしました