Google Chrome Canaryが「Clankium」になりました(Android版)

Android
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

Android版のGoogle Chrome Canary(試験運用版)をバージョン80.0.3973.0にアップデートしたところ、アプリ名が「Clankium」に変更されました。

アプリ名が「Clankium」に変更された

Chrome CanaryのGoogle Playストアでのアップデートが完了すると、アプリ名が「Clankium」に変わりました。

さらに、アイコンのデザインが大幅に変わっていました。

黄色のChromeのアイコンから、恐竜が卵から生まれているような、背景がクリーム色のアイコンに変わりました。

Playストアでは名称変更がなかった

一方で、Google Playストアのページでは、アプリ名が「Chrome Canary」となっており、アイコンも以前と同じでした。

使い勝手はChrome Canaryとほとんど同じ

アプリ名とアイコンのデザインは大きく変わりましたが、「Clankium」の使い勝手はGoogle Chrome Canaryそのものでした。

また、バージョン情報画面では、「Chromeについて」というタイトルでしたが、「アプリケーションのバージョン」のところには、新しい名称である「Clankium」と表示されていました。

タイトルとURLをコピーしました