開発者向けオプションを無効にする方法(Android 8.0対応)

スマートフォン
スポンサーリンク

この記事では、Androidスマートフォンで「開発者向けオプション」を無効にする方法について紹介しています。

有効にするときの設定方法と同様に、Android 8.0以降のバージョンを搭載しているスマートフォンでは、それ以前のバージョンのものと手順が少し変更されているので、この記事では2種類の方法を掲載しています。最初の説明ではAndroid 8.0以降のバージョンを、つぎの説明ではAndroid 7.1以前のバージョンを対象にしております。

Android 8.0以降の場合

設定アプリを開き、「システム」をタップします。

Androidの設定アプリ

 

システム設定画面が表示されたら、「開発者向けオプション」をタップします。

開発者向けオプションが表示されている

 

開発者向けオプションが表示されたら、上の方にあるスイッチをタップしてオフに切り替えます。

Android 8.0の開発者向けオプション

 

 

スイッチをオフに切り替えたら、戻るボタンをタップして、システム設定画面に戻ります。

戻ったときに、「開発者向けオプション」という項目が消えていれば、無効化は完了です。

Androidのシステム設定

 

つぎに、Android 7.1以前のバージョンでの方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

Android 7.1以前の場合

設定アプリを開き、少しスクロールします。そして、中ほどにある「アプリ」という項目をタップします。

設定アプリ

 

スマートフォンにインストールされているアプリの一覧画面が表示されます。次に、その中から「設定」と書かれた項目を探し、タップします。

アプリ一覧画面

 

設定のアプリ情報が表示されたら、次に「ストレージ」という項目をタップします。

Android 5.1以前のバージョンのスマートフォンをお使いの方は、このステップを飛ばし、そのまま次のステップに進んでください。

設定のアプリ情報

ストレージ使用状況の画面が表示されたら、次に「データを消去」ボタンをタップします。

ストレージ使用状況画面

アプリデータ削除の確認画面が表示されるので、「削除」ボタンをタップします。

アプリデータ削除の確認画面

設定のアプリデータが削除され、自動的にホーム画面に戻ります。ふたたび設定アプリを開き、一番下までスクロールします。「開発者向けオプション」という項目が非表示になっていることが確認できます。

開発者向けオプションが無効化された

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スマートフォン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
スポンサーリンク
あんらぶぎーく.net