【Android 8.0対応】無効化されているアプリの一覧を確認する方法

スマートフォン
スポンサーリンク

はじめに

この記事では、Androidスマートフォンで無効化されているアプリの一覧を表示させる方法について紹介しております。以前に無効化したアプリを再度有効にしたくなった時などに、まとめて確認することができるので便利です。

アプリを無効化する方法については、こちらの記事で紹介しています。
【Android 8.0対応】不要なアプリを無効化する方法
この記事では、Androidスマートフォンでアンインストールすることのできないアプリを無効化する方法を紹介しています。アプリを無効化することで、メモリーやバッテリーの消費を減らすことが期待できます。また、ホーム画面のアプリ一覧からも消えるので、邪魔でなくなります。

無効化されているアプリの一覧を確認する方法

無効化されているアプリの一覧を表示させる方法です。

 

アプリ情報画面を開く

はじめに、設定アプリを開き、「アプリと通知」をタップします。

設定アプリを開く

 

「アプリと通知」画面が表示されたら、「アプリ情報」をタップします。

「アプリ情報」をタップする

 

 

インストールされているアプリの一覧画面が表示されます。一部のシステムアプリはデフォルトではこの一覧画面に表示されていません。すべてのアプリを表示させるためには、画面右上のメニューボタンをタップします。

アプリ情報画面

 

メニューが開いたら、つぎに一番上の「システムを表示」をタップします。

アプリ情報のメニューが開く

 

これで、スマートフォンにインストールされているすべてのアプリが表示されるようになりました。

 

無効化されているアプリを絞り込む

すべてのアプリが表示されるようになったら、つぎに「すべてのアプリ」という項目をタップします。するとメニューが開くので、一番下の「無効になっているアプリ」という項目をタップします。

アプリの表示メニュー

 

アプリが絞り込まれ、無効になっているアプリのみが表示されました。

無効化されているアプリの一覧画面

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スマートフォン
スポンサーリンク
あんらぶぎーくをフォローする
スポンサーリンク
あんらぶぎーく.net