Google Chrome 70で一部のサイトにプライバシーエラーが表示されるようになりました

スマホ
スポンサーリンク

Google Chromeの試験運用版であるGoogle Chrome Canaryをバージョン70にアップデートしてから、「この接続ではプライバシーが保護されません」というプライバシーエラーが頻繁に表示されるようになったので、原因について調べてみました。

プライバシーエラーの内容

プライバシーエラーの画面では、「○○では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります」と書かれていました。

また、このプライバシーエラーの下のほうに表示されているエラーコードは、「NET::ERR_CERT_SYMANTEC_LEGACY」というものでした。

このプライバシーエラーは、Android版とWindows版の両方で表示されました。

Google Chromeのプライバシーエラー

プライバシーエラーの原因

プライバシーエラーが表示される原因を調べてみたところ、2018年9月にベータ版が、10月に正式版がリリースされる予定となっているGoogle Chrome 70から、SymantecのSSL証明書が完全に信頼されなくなることが関係していると分かりました。

Chromeで信頼されなくなるSymantec発行のSSL証明書かどうか判定・確認する方法
2018年10月以降、Google ChromeではSymantecやジオトラスト、RapidSSLなどが発行したSSL証明書が全面的に信頼されなくなる。これがWebサーバ管理者にどのような影響を与えるのか、またどの証明書が該当するのか判断する方法を説明する。

一方で、Google Chromeの2018年8月時点での正式版であるバージョン68では、SymantecのSSL証明書が信頼されているため、同じサイトにアクセスしてもプライバシーエラーは表示されませんでした。

プライバシーエラーが表示されるか確認する

こちらのsymantecのサイトでは、サイトのURLを入力することで、Google Chrome 70以降でプライバシーエラーが表示される可能性があるのかチェックすることができるようになっていました。

https://www.websecurity.symantec.com/ja/jp/support/ssl-checker
Google Chrome 70でプライバシーエラーが表示されるのかチェックできるサイト

エラーが表示されたサイトを調べてみたところ、証明書を入れ直さなければ、Google Chromeで警告が表示されるようになる恐れがあると表示されました。

また、証明書の再発行は無償で行うことができると書かれていました。

Google Chrome 70でプライバシーエラーが表示されるのかチェックできるサイト
タイトルとURLをコピーしました