Android版Chromeのシークレットモードと通常モードの違いを比較してみた

Android
スポンサーリンク

この記事では、Android版のGoogle Chromeでのシークレットモードと通常モードを比較し、それぞれの違いについて紹介しています。

Chromeのシークレットモードでは閲覧履歴が記録されないだけでなく、利用できない機能があるなど様々な違いがありました。

 

閲覧履歴がChromeに記録されない

こちらがChromeのシークレットモードでの最も大きな特徴です。

シークレットモードで開かれているタブでは、サイトなどの閲覧履歴や、フォームに入力したパスワードなどの情報がChromeに記録されなくなります。

Cookieやサイトのデータなどは、シークレットモードのタブを閉じると破棄されます。

シークレットモードを利用していても、そのタブでGoogleアカウントにログインしてGoogle検索を行った場合は、検索履歴などがGoogleマイアクティビティに記録されます。

通知からすべてのタブを閉じることができる

シークレットモードのタブを開いている場合は、スマートフォンの通知欄に「すべてのシークレットタブを閉じます」と書かれた通知が表示されます。

この通知をタップすると、開かれているすべてのシークレットタブが閉じられます。

Android版Chromeでのシークレットタブをすべて閉じるための通知

 

Chromeのアドレスバーが灰色になる

シークレットモードのタブでは、アドレスバーの色が灰色になります。

Chromeのアドレスバーの色が設定されているサイトであっても、シークレットモードのタブでは、反映されません。

上の画像がChromeの通常モードでのアドレスバー、下の画像がChromeのシークレットモードのタブでのアドレスバーのスクリーンショットです。また、最近のバージョンのChromeでは、シークレットモードのタブのアドレスバーに帽子とサングラスのアイコンが表示されなくなっています。

android版Chromeの通常モードでのアドレスバー

android版Chromeのシークレットモードモードでのアドレスバー

 

開いているタブが保存されない

Google Chromeの通常のタブでは、アプリを閉じて再び起動した際も、開いているすべてのタブが保存されているため、そのまま作業を続けることができるようになっています。

しかし、シークレットモードのタブは、Chromeを再起動した際にすべて閉じられます。

 

 

スポンサーリンク

選択したテキストのGoogle検索ができない

サイトで一部のテキストを長押しして選択した際、通常モードのタブではメニューに「ウェブ検索」という項目が表示されます。

この項目をタップすると、新しいタブが開き、選択したテキストについてのGoogle検索結果画面が表示されます。

 

しかし、シークレットモードのタブでは、テキストを選択した際に出てくるメニューに「ウェブ検索」という項目が表示されません。

Android版Chromeで選択したテキストをGoogle検索する

 

Google検索の提案機能が利用できない

通常モードのChromeのタブでは、ウェブサイトの文章を長押しして選択すると、画面下の方に選択したテキストが表示されます。(このように、翻訳結果が表示されることもあります。)

この項目をタップすると、選択したテキストについてのGoogle検索結果をすぐに確認することができます。

しかし、シークレットモードでのタブでは、テキストを選択しても何も表示されず、この機能を利用することはできません。

Chromeで選択したテキストについてすぐにGoogle検索できる機能

 

Gboardもシークレットモードになる

Google製のソフトウェアキーボードである「Gboard」を利用している場合は、Chromeがシークレットモードになっているときに「Gboard」もシークレットモードに切り替わります。

「Gboard」のシークレットモードでは、キーボードが暗い色になり、予測変換機能や学習機能、音声入力などが利用できなくなります。

「Google日本語入力」などの他のソフトウェアキーボードでは、シークレットモードは搭載されていませんでした。

gboardのシークレットモード

 

スクリーンショットを取得できない

最近のバージョンのChromeでは、シークレットモードを利用しているときのスクリーンショット取得(撮影)が禁止されるようになったため、取得しようとすると、許可されていない旨のエラーメッセージが表示されます。

この記事で利用しているシークレットモードのスクリーンショットは、Chromeの以前のバージョン(64.0)で取得しました。

Androidスマートフォンでスクリーンショットを取得できない場合

 

アプリ履歴のサムネイルが真っ白になる

シークレットモードのタブを開いている場合は、Androidのアプリ履歴画面でのChromeのサムネイルが真っ白になり、内容を確認することができないようになっています。

Android版Chromeのシークレットタブを開いているときのアプリ履歴画面のサムネイル

タイトルとURLをコピーしました