Android版Chrome Canaryでフリーズが発生するようになりました

chrome canaryでフリーズが発生したAndroid
スポンサーリンク

2018年10月22日に、Google Chromeの試験運用版である「Google Chrome Canary」のAndroid版をバージョン「72.0.3588.0」にアップデートしたところ、フリーズが頻繁に発生するようになりました。

 

フリーズが発生する状況

Chrome Canaryを開いたまま(表示させたまま)スマートフォンをスリープ状態にし、スリープ解除すると、必ずフリーズが発生するようになりました。

フリーズしている状態では、ページをスクロールすることができないだけでなく、メニューボタンなどをタップしても反応がありませんでした。

一切操作することができない状態でした。

フリーズが発生しない場合もあった

ホーム画面に戻ったり、Chrome Canary以外のアプリに切り替えた状態(終了はさせていない状態)でスマートフォンをスリープ状態にして、解除した場合はフリーズが発生しないことが多かったです。

再起動すると一時的に改善した

フリーズが発生したときにChrome Canaryを終了させてから再び起動すると、正常に操作することができるようになりました。

しかし、しばらく経つと再びフリーズが発生したので、根本的には改善されませんでした。

キャッシュの削除や強制終了をしても改善されなかった

Chrome Canaryのキャッシュの削除(クリア)や強制終了させるなどのことを試しましたが、フリーズが発生するという不具合は改善されませんでした。

Chrome Canaryをメインブラウザとして常用している場合などは、次のアップデート(不具合修正のアップデート)がリリースされるまで、アップデートを控えたほうが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました