Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを追加してみた(iPhoneのWalletアプリを使用)

iPhone
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

モバイルSuicaでの支払い方法として使用するために、Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを追加してみました。

この記事では、iPhoneのWalletアプリで、Apple Payにクレジットカードを追加する手順について紹介しています。

Apple Payに対応しているクレジットカードについて

Apple Payに対応しているクレジットカードの一覧は、Appleのサポートサイトにて確認することができます。

対応していないクレジットカードをApple Payに登録しようとすると、「このカードはご利用できません」というエラーメッセージが表示され、先に進むことができないようになっていました。

Apple Payにクレジットカードを追加する手順

Apple Payにクレジットカードを追加する際は、iPhoneのWalletアプリを使用します。

Walletアプリを開く

ホーム画面で「Wallet」アイコンをタップしてWalletアプリを開きます。

Walletアプリが開いたら、つぎに右上にある「+」ボタンをタップします。

数秒経つと、このようにApple Payの説明画面が表示されるので、「続ける」ボタンをタップします。

カードの種類を選択する

Apple Payに追加するカードの種類を選択します。

「クレジットカード/デビットカード」、「Suica」の2種類から選択することができますが、今回はクレジットカードを追加するので、「クレジットカード/デビットカード」をタップします。

クレジットカードの情報を読み取る

カード情報の登録を行います。

「枠内にカードを入れてください」と表示されたら、Apple Payに登録したいクレジットカードの表面をiPhoneのカメラにかざし、枠内に入るようにします。

枠内にクレジットカードが入ると、カード番号や有効期限などの情報が自動的に読み取られます。

手動でカード情報を登録したい場合は、「カード情報を手動で入力」をタップします。

スポンサーリンク

クレジットカードの情報を入力する

「カードを追加」画面で読み取れなかった情報がある場合や、手動でのカード情報入力を選択した場合は、クレジットカードの名義と番号を入力します。

入力が完了したら、「次へ」をタップします。

有効期限、セキュリティコードを入力する

つぎに、クレジットカードの有効期限とセキュリティコードを入力します。

そして、「次へ」をタップします。

「カード会社に問い合わせ中」と表示されます。

Apple Payの利用規約を確認する

入力したクレジットカード情報が正しい場合は、「Apple Pay モバイルペイメント特約」(Apple Payの利用規約)が表示されます。

内容を確認し、同意できる場合は「同意する」をタップします。

クレジットカードが追加された

「Apple Payのカードを設定中」と表示されるので、処理が完了するまで待ちます。

処理が正常に完了すると、「カードの追加」の右側に青いチェックマークがつき、「お使いのカードがWalletに追加されました。」と表示されます。

スポンサーリンク

Apple Payで利用することのできる電子マネーの種類が表示されます。

今回登録した「Tカード プラス」の場合はQUICPayを利用することができますが、クレジットカードの種類によっては、「ID」の場合もあります。

内容を確認したら、「次へ」をタップします。

クレジットカードの認証を行う手順

Apple Payへのクレジットカードの登録は前の手順で完了しましたが、実際の決済に使用するためには、クレジットカードの認証を行う必要があります。

認証方法を選択する

「Apple Payで利用したいカードを認証する方法を選択してください。」と表示されたら、認証方法をタップして選択し、「次へ」をタップします。

Apple Payに登録したクレジットカードによっては、認証方法が異なる場合があります。今回登録した「Tカード プラス」の場合は、メールでの認証のみを選択することができました。

クレジットカードの認証を行う

前の手順で選択した方法で、クレジットカードの認証を行います。

メール認証の場合は、「コードが要求されました」と表示されたら、「コードを入力」をタップします。

メールを確認し、確認コードを入力します。

認証コードの入力が完了したら、「次へ」をタップします。

認証コードの確認処理が行われます。

スポンサーリンク

クレジットカードのアクティベートが完了した

「アクティベート完了 “登録したカードの名称”がApple Payで利用可能になりました。」と表示されたら、「完了」をタップします。

カードの追加が完了すると、Walletアプリからの通知が届きます。

追加されたクレジットカードを確認してみた

クレジットカードがApple Payに正常に追加されているか確認してみました。

Walletアプリにクレジットカードが追加された

Walletアプリのトップ画面に、先ほど追加したクレジットカードが表示されるようになっていました。

カードの左下には、カード番号の下4桁が記載されていました。

クレジットカードの詳細情報を確認してみた

クレジットカードをタップすると、画面上の方に表示されます。

右上にある「…」ボタンをタップすると、カードの詳細情報を確認することができるようになっていました。

クレジットカードの詳細情報画面では、カード会社の電話やWebサイトへのリンクがありました。

また、カード番号に加えてQUICPayなどのデバイスアカウント番号も表示されていました。

クレジットカードはApple Payに「支払い用カード」として登録されていました。

まとめ

この記事では、iPhoneのWalletアプリを使用してApple Payにクレジットカードを追加し、アクティベートを行って決済に使用することのできる状態にする方法について紹介しました。

Apple Payに対応していないために追加することのできないクレジットカードがあることや、使用前に認証を行う必要があることなどの注意点もありますが、実際に使ってみて、Walletアプリでの操作方法がわかりやすかったと感じました。

タイトルとURLをコピーしました