「Android P」の開発者プレビューをエミュレーターでためしてみた

Android
スポンサーリンク

新バージョンのAndroid、「Android P」がGoogleによって発表され、開発者向けのプレビューがダウンロードできるようになりました。現在、「Pixel」、「Pixel XL」、「Pixel 2」、「Pixel 2 XL」向けのシステムイメージが公開されています。

これらのデバイスを持っていなくても、Androidアプリの開発用ツールであるAndroid Studioのエミュレーターを使うことで試すことができます。

「Android P」の開発者プレビューを早速エミュレーターで試してみたので、紹介します。

パソコンでAndroid Pをためしてみる方法
この記事では、先日Googleが発表した新バージョンのAndroid、「Android P」をエミュレーターで試す方法を紹介しています。Pixelなどのスマートフォンを持っていなくても、エミュレーターを使えばAndroid Pをパソコンですぐに試すことができます。

(Android Pをためす方法については、こちらの記事にて紹介しております。)

 

ホーム画面

Android Pのホーム画面です。設定されているランチャーは、Pixelランチャーでした。時計の位置が右から左に移動しており、とても印象的でした。

Android Pのホーム画面

 

通知関係

 

通知パネル

通知パネルのデザインが革新されています。個人的には、iOSのデザインに近くなったと感じます。また、Android 8.0とは異なり、設定アプリへのショートカットアイコンが見当たりません。通知パネルは白基調のデザインですが、画面一番上の時間や日付が書いてある部分の色は黒になっています。

Android Pの通知パネル

 

クイック設定パネル

クイック設定パネルと通知の左右に、Android 8.0では無かった余白があることもわかります。

また、Android Pが発表されたときに公開されていたスクリーンショットでは、通知パネルが丸っこくなっていましたが、エミュレーター上のAndroid Pではそのようになっていませんでした。

Android Pのクイック設定パネル

 

Heads-up通知

このように、Heads-up通知の左右にも余白がありました。

Android PのHeads-up通知

 

 

設定アプリ

トップ画面

設定アプリのデザインも大きく変更されています。今までのバージョンでは単色だったアイコンが、Android Pではカラフルなものに変更されています。

Android Pの設定アプリ

 

 

また、トップ画面に表示される項目が減っていて、スッキリとしたデザインになっています。

Android Pの設定アプリ

 

システム設定画面

一番下の項目の「システム」をタップしたときの画面です。「操作」という項目が新たに追加されています。

Android Pのシステム設定画面

 

 

端末情報画面

端末情報画面は、Android 8.0と比べて少し変化していました。Androidセキュリティパッチレベルなどの項目はここには表示されなくなっています。

Android Pの端末情報画面

 

Androidバージョンをタップすると、このような画面が表示されます。ここに表示されているAndroidバージョンを連続タップすると、イースターエッグが出てきます。イースターエッグの出し方が今までのバージョンと違うので、慣れが必要かもしれません。

Android Pのバージョン情報画面

 

 

スポンサーリンク

イースターエッグ

いよいよ、イースターエッグの紹介です。Androidバージョンを複数回タップするとこのように、Pのような形のカラフルな模様が現れます。色の組み合わせはランダムで、表示させるたびに色が変わります。また、戻るボタンを一回押すと色が変わり、二回押すとAndroidのバージョン画面に戻りました。

Pの周りの渦模様がゆっくりと動いていて、まるで催眠術のようです。

Android Pのイースターエッグ

 

このように、目がチカチカするような派手な色の組み合わせになることが多かったです。

Android Pのイースターエッグ

 

 

画面の切り抜き(ノッチ)への対応

Android Pの数多くの新要素の中でも特徴的なのが、画面の切り抜き(ノッチ)がある端末に正式対応したことです。開発者向けオプションから、切り抜きのある端末での表示のシミュレーションをすることができるようになっています。「Narrow display cutout」、「Tall display cutout」、「Wide display cutout」の3種類が選ぶことができます。どの種類を選んでも、ステータスバーが太くなります。

Android Pのノッチのシミュレーション

 

Narrow display cutout

こちらが1つめの切り抜き(ノッチ)の「Narrow display cutout」です。名前の通り、とてもせまい切り抜き(ノッチ)となっています。

Narrow display cutout

 

 

Tall display cutout

こちらが2つめの切り抜き(ノッチ)の「Tall display cutout」です。1つめの「Narrow display cutout」と比べて、高さと幅が大幅に増えています。

Tall display cutout

 

Wide display cutout

こちらが3つめの切り抜き(ノッチ)の「Wide display cutout」です。ほかの2つの切り抜き(ノッチ)と比べて細長くなっているので、一部の通知アイコンと重なっています。

また、この切り抜き(ノッチ)は、iPhone Xのものと似ていると感じました。

Wide display cutout

 

 

まとめ

この記事では、Googleによって発表された新バージョンのAndroid、「Android P」の開発者向けのプレビューを、エミュレーターを使って紹介しました。Android Pでは多くの新機能が追加されていて、デザインも大幅に変化していました。正式版のリリースがとても楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。つぎの記事では、Android Pと前バージョンのAndroid 8.1を細かく比較していますので、是非ご覧ください。

Android PとAndroid 8.1を比較してみた
先日、Googleが発表したAndroidの新バージョン「Android P」を前のバージョンの「Android 8.1」と比較してみました。この記事では、たくさんの項目について比較しています。また、発表されていた新機能以外の変更点もあったので、それについても紹介していきます。