スポンサーリンク

パソコンでAndroid Pをためしてみる方法

Android
スポンサーリンク

はじめに

この記事では、先日Googleが発表した新バージョンのAndroid、「Android P」をエミュレーターでためす方法を紹介しています。Pixelシリーズのスマートフォンを持っていなくても、Android Studioのエミュレーターを利用すれば、Android Pをパソコンですぐにためすことができます。

Android Pのエミュレーター

 

(Android Pの詳しいレビューや新機能の紹介などについては、こちらの記事にて紹介しています。)

「Android P」の開発者プレビューをエミュレーターでためしてみた
新バージョンのAndroid、「Android P」がGoogleによって発表され、開発者向けのプレビューがダウンロードできるようになりました。現在、「Pixel」、「Pixel XL」、「Pixel 2」、「Pixel 2 XL」向けのシ...
Android PとAndroid 8.1を比較してみた
先日、Googleが発表したAndroidの新バージョン「Android P」を前のバージョンの「Android 8.1」と比較してみました。この記事では、たくさんの項目について比較しています。また、発表されていた新機能以外の変更点もあったので、それについても紹介していきます。

エミュレーターを作成する

 

Android Pのエミュレーターを作成していきます。

(Android Pのエミュレーターを作成する際、Android Studio Canaryを利用します。インストール方法については、こちらの記事で紹介しております。Android StudioでもAndroid Pのエミュレーターは作成できますが、新しいバージョンであるAndroid Studio Canaryの利用が推奨されています。)

Android Studio Canaryをインストールする方法
この記事では、Android Studio Canaryをインストールする方法について紹介しています。 「Android Studio Canary」とは 「Android Studio Canary」は、Googleによって提...

Android Studioプロジェクトの作成

最初にAndroid Studioを開きます。「Welcome to Android Studio」ウインドウが開いたら、一番上の「Start a new Android Studio project」をクリックします。

(すでにプロジェクトを作成している場合は、この手順を飛ばして次に進みます。)

Android Studioのトップ画面

 

プロジェクトの作成画面が表示されます。つぎに、プロジェクト名やプロジェクトの作成場所を指定します。設定が完了したら、Nextボタンをクリックして次に進みます。(この設定は変更しなくても問題ありません。)

Android Studioのプロジェクトを作成する

 

 

つぎに、ターゲットにするAndroidのバージョンを選択します。Android Pのエミュレーターを作成するので、今回は最初から選択されている「API P: Android 8.+ (P preview)」のままにしておきます。設定が完了したら、Nextボタンをクリックして次に進みます。

Androidのターゲットバージョンを指定する

 

この画面では、アプリを開発する際に使うアクティビティを選択します。エミュレーターを使うだけであれば、どれを選んでも問題ありません。(今回は”Empty Activity”を選びました。)好きなものを選び、Nextボタンをクリックして次に進みます。

アクティビティを選択する

 

 

最後に、作成するアクティビティの名前をつけます。この設定は変更しなくても問題ありません。設定が完了したら、Finishボタンをクリックします。

その後、プロジェクトが作成されるのでしばらく待ちます。

アクティビティの名前を付ける

 

 

スポンサーリンク

エミュレーター作成の準備

プロジェクトの作成が完了したら、メニューバーにある「Tools」をクリックします。メニューが展開したら、「SDK Manager」をクリックします。

Android SDKのメニューを開く

 

SDKマネージャーが表示されたら、右下の「Show Package Details」チェックボックスにチェックを入れます。つぎに、一番上の「Android P Preview」の中にある「Android SDK Platform P」、「Google APIs Intel x86 Atom System Image」チェックボックスにチェックを入れます。

また、エミュレーターでGoogle Playストアを利用したい場合は、「Google Play Intel x86 Atom System Image」チェックボックスにもチェックを入れます。

チェックを入れたら、右下の「Apply」ボタンをクリックします。

SDKマネージャー

 

このような確認画面が表示されたら、OKボタンをクリックします。

Android SDKの確認画面

 

 

ライセンスの確認画面が表示された場合は、「Accept」を選択してNextボタンをクリックします。

Android SDKのライセンスの確認画面

 

ダウンロードが開始されます。容量が大きいので、少し時間がかかるかもしれません。ダウンロードが完了すると、インストールが行われます。

Android SDKのダウンロードが開始された

 

 

インストールが完了したら、Finishボタンをクリックしてこの画面を閉じます。SDKマネージャーも閉じておきます。これで、エミュレーター作成の準備が完了しました。

Android SDKのインストールが完了した

 

 

スポンサーリンク

エミュレーターを作成する

Android StudioのメニューバーにあるToolsをクリックします。そして、一番上のAVD Managerをクリックします。

Android Studioのメニューを開く

 

 

AVDマネージャーが表示されたら、左下の「Create Virtual Device」ボタンをクリックします。

SDKマネージャー

 

作成するエミュレーターのデバイスの種類を選択します。Google Playストアを利用したい場合は、Nexus 5またはNexus 5Xの、Google Playのマークが表示されている方を選択します。

デバイスを選択する

 

 

システムイメージの選択画面が表示されます。この画面では、作成したいエミュレーターのAndroidバージョンを選択します。今回はAndroid Pのエミュレーターを作成するので、一番上の「P」を選択して、Nextボタンをクリックします。

システムイメージの選択画面

 

次に、エミュレーターに好きな名前をつけます。名前をつけたら、Finishボタンをクリックします。

エミュレーターに名前をつける

 

Android Pのエミュレーターが作成されました。画面右側の再生ボタンをクリックすると、エミュレーターが起動します。(最初の起動の際には、少し時間がかかります。)

AVDマネージャーが表示された

 

ホーム画面が表示されたら、エミュレーターの起動は完了です。このAndroidエミュレーターは、普通のスマートフォンのような感覚で使うことができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Android Pのエミュレーター