Google Chromeをバージョン73.0.3683.75にアップデートしてみた(Android版)

Android版Chrome 73のバージョン情報Android
Android版Chrome 73のバージョン情報
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Android版のGoogle Chromeの新バージョンがリリースされ、利用可能になっていたので、バージョン72(72.0.3626.121)からバージョン73(73.0.3683.75)にアップデートしてみました。

この記事では、Chrome 73で追加された新機能などについて紹介しています。

Android版Chrome 73のバージョン情報
Android版Chrome 73のバージョン情報

Chrome 73について

Chrome 73は、2019年3月12日にリリースされた、Google Chromeの新バージョンです。

Chromeのリリース情報によると、Android版のChrome 73では、デバイスがオフラインになっているときに表示されるエラーページ(恐竜のイラストが表示されます)で、おすすめ記事の一覧が、「オフラインで利用できるコンテンツ」として表示されるようになっています。

Chromeのエラーページ
Chromeのエラーページ

それらの記事は、すでに「Chromeでよくアクセスするページ」としてダウンロードされているので、オフラインの状態でも読むことができます。

Chromeでダウンロードされた記事
Chromeでダウンロードされた記事

また、パフォーマンスや安定性の向上も行われています。

Chrome 73にアップデートしてみた

Google Playストアから、Chromeをバージョン73にアップデートしてみました。

ダウンロードの容量は、53.38MBでした。

Chromeのアップデートのダウンロード中)
Chromeのアップデートのダウンロード中)

アップデート後のストレージ使用量

Chrome 73へのアップデート前後で、ストレージ使用量を比較してみました。

Chrome 73では、アプリのサイズが164MBに減少していました。(Chrome72は206MB)

Chrome 73のストレージ使用量
Chrome 73のストレージ使用量
Chrome 72のストレージ使用量
Chrome 72のストレージ使用量

タイトルとURLをコピーしました