Android版のChromeで文字サイズを変更する方法

ユーザー補助機能を利用してテキストサイズを変更するAndroid
スポンサーリンク

この記事では、Androidスマートフォン版のChromeアプリで、サイトの文字サイズ(テキストサイズ)を変更する方法について紹介しています。

Google Chromeではサイトの文字が小さすぎたり、大きすぎたりして見づらいという場合でも、好きなように変えることができるようになっています。

この記事の概要

  • Android版のChromeでは文字サイズを自由に変えることができる
  • 文字サイズは50%から200%まで、5%単位で調整できる
  • 文字サイズの変更は、ページを再読み込みしなくてもすぐに反映される

文字サイズを変更する方法

Chromeのメニューを開く

Chromeのアドレスバーの右側にあるメニューボタンをタップし、メニューを開きます。

chromeのメニューを開く

Chromeの設定を開く

メニューが表示されたら、下にスクロールして「設定」をタップします。

Chromeの設定を開く

 

ユーザー補助機能を利用する

Chromeの設定を開いたら、つぎに「詳細設定」のところにある「ユーザー補助機能」という項目をタップします。

google chromeの設定

 

文字サイズを変更する

ユーザー補助機能を利用して、サイトの文字サイズを変更していきます。

「テキストの拡大と縮小」と書かれているスライダーを右にドラッグすると文字サイズが大きくなり、左にドラッグすると小さくなります。

文字サイズは50%から200%の範囲内で、5%ごとに変更することができます。

初期状態では文字サイズが「100%」に設定されています。

ユーザー補助機能を利用してテキストサイズを変更する

 

スライダーを130%のところを超えたところで、「強制的にズームを有効にする」と書かれているチェックボックスに自動的にチェックが入りますが、タップすることでチェックを外すこともできます。

「強制的にズームを有効にする」機能を有効にすると、スマートフォン版サイトなどでズームすることができないように設定されている(ズームが禁止されている)場合でも、ズームをすることができるようになります。

設定を閉じる

文字サイズの設定が完了したら、戻るボタンをタップして設定を閉じます。

設定を閉じると、すぐに文字サイズの変更が適用されます。

再読込みなどの操作をする必要はありません。
スポンサーリンク

文字サイズの目安

文字サイズを50%から200%まで、25%ごとに変更していったときの、それぞれのスクリーンショットです。

スマートフォンの画面サイズによって見え方は異なりますが、個人的には125%が見やすいと思います。

文字サイズ50%(最小)

chromeでの文字サイズ50%

 

文字サイズ75%

chromeでの文字サイズ75%

 

文字サイズ100%(初期状態)

chromeでの文字サイズ100%

 

文字サイズ125%

chromeでの文字サイズ125%

 

文字サイズ150%

chromeでの文字サイズ150%

 

文字サイズ175%

chromeでの文字サイズ175%

 

文字サイズ200%(最大)

 

chromeでの文字サイズ200%