Android版Chromeのエラー画面が新しくなりました(ERR_INTERNET_DISCONNECTED)

Android版Chromeの新しくなったエラーページAndroid
スポンサーリンク

Android版のGoogle Chromeを利用していたところ、ページ読み込み時にネットワークに接続されていない場合に表示されるエラー画面(エラーページ)が新しくなっていることに気が付きました。

この記事では、新旧のエラー画面の違いを比較しながら紹介しています。

Google Chromeのバージョンについて

従来のエラー画面はGoogle Chromeの安定版(バージョン70.0.3538.110)、新しいエラー画面は試験運用版であるGoogle Chrome Canary(バージョン73.0.3628.0)のものとなっています。

Google Chromeでの新旧のエラー画面の比較

スマートフォンがネットワークに接続されていない状態で、Google Chromeでウェブサイトにアクセスしようとすると、「インターネットに接続されていません」というエラーメッセージが表示されます。

エラーコードが「ERR_INTERNET_DISCONNECTED」である、恐竜のイラストがあるエラー画面です。

従来のエラー画面

従来のエラー画面ではこのように、エラーを解消するために試すべきこと(機内モードをオフにする等)や、エラーコード(ERR_INTERNET_DISCONNECTED)などが下に表示されていました。

エラーコードが下の方に表示されているため、一部が隠れてしまって見えにくくなっています。

Android版Chromeの従来のエラーページ

 

新しくなったエラー画面

その一方で、新しくなったエラー画面では、エラーコードや試すべきことなどが表示されなくなっていました。

そのため、エラー画面が非常にシンプルになっていました。

その代わりに、クエスチョンマークのアイコンが文末に追加されていました。

Android版Chromeの新しくなったエラーページ

 

スポンサーリンク

 

このアイコンをタップすると、エラーを解消するために試すべきことやエラーコードなどが記載されたダイアログボックスが表示されました。

表示されている内容に関しては、以前のエラー画面と同様でした。

Android版Chromeの新しくなったエラーページでのエラーコード表示

 

また、このダイアログボックスはAndroid標準の機能ではなく、Google Chromeのエラー画面内で表示されるようになっていました。

開いているChromeタブの一覧画面に切り替えたところ、タブ内で表示されていることがわかりました。
Android版Chromeの新しくなったエラーページでのエラーコード表示(タブ一覧画面)

さらに、新しいエラー画面では従来のエラー画面での「オンライン時にダウンロード」ボタンが、ボタンから文字に置き換わっていました。

「オンライン時にダウンロード」は、スマートフォンが再びインターネットに接続された(オンライン状態になった)場合に、ページを自動的にダウンロードするという機能です。
Android版Chromeのサイトのオフライン保存機能

まとめ

この記事では、Android版のGoogle Chromeでのネットワークに接続されていないことを示すエラー画面(ERR_INTERNET_DISCONNECTED)が新しくなったことについて紹介しました。

今年(2018年)のGoogle Chromeのアップデートでは、UIデザインが革新されるなどの目立つものだけではなく、今回紹介したエラー画面や、ダウンロードしたファイルの保存先が内部ストレージとSDカードから選択できるようになるなどの、細かい部分での変更も多いと感じました。

タイトルとURLをコピーしました